ブログ飯とは?

染谷 昌利さんの「ブログ飯」を読んだのでその感想をまとめてみたいと思います。

ブログ飯とは、ブログの収入だけで食べていける状態のことです。

この本はブログで収入を得るためのおすすめに挙げられることが多い本なので私も購入して読んでみました。

果たしてこの本を読んでブログ飯を食えるようになるのでしょうか?

この本でブログ飯は食えるようになるのか?

この本は何かブログで収入を得る上で特別な方法はなく、以下のような当たり前のことをすれば、誰にでもブログ飯はできるということを主に述べています。

  • 最低30記事は書けるよう好きなテーマを見つける

  • 家族や友人に説明するつもりで書く

  • 3ヶ月は歯を食いしばってでも続ける

  • 自腹を切って商品を購入してレビューする

  • 足で稼いだ情報だから価値がある

  • ブログを読む人に価値のある情報を提供する

上記のことは誰でもできる当たり前のことですが、実際に実行して継続するのはなかなか難しいですね。

この本を読んでみて感じたことは、誰にでもこの本に書いている基本的なことをおさえてブログ更新を継続すると誰でも収入を得ることができると感じました。

しかしこれを全部実行するには結構めんどくさい作業も多く、この本に書いてあることをいかに忠実に実行することができるどうかが、ブログで収入を得ることができるかどうかのカギになっていると思います!

私はダイエットと同じだと感じました。誰でも栄養バランスの良い食事をとって、定期的に運動をすれば誰でもダイエットできるけど、継続するはなかなか難しいですよね。

ブログ収入もダイエットと同じで正しいやり方でいかに忍耐強く実行するかが重要だと実感しました。

私もこの本の内容を少しづつ実行してブログで収入を得ることができるか試していますが、まだ十分な収入を得るには至っていません^^; ただアクセス数は徐々に上がっています!

 

ブログ飯の内容まとめ

私もこの本に書かれていることを少しづつ実践して、アクセス数が上がってきているので、このまま継続してブログで収入を得るように頑張ります!

これからの時代は会社員での収入だけでは非常に不安定でリスクも大きいと考えています。

真に安定した収入を得るには大企業、公務員などにしがみつくよりは、自分で稼ぐ力を身につけた方が安定した収入に結びつくのではないでしょうか。

この本でブログを利用して自分で稼ぐ力を身につけていきましょう!

ただ個人的にはアフィリエイト、アドセンスなどのブログ収入も結局はGoogleだけに依存している状態なので、ブログで収入を得ることができたら、また別の収入を得る方法を模索した方がいいと考えています。

Google依存症という恐怖。

 

私はブログ収入を得たら株や不動産などの投資を行って、最終的には日本の将来もどうなるかわからないので、海外相手に収入を得る方法を考えていきたいです!

 

以下はブログ飯の忘備録です。

【PR】ホームページ制作をはじめました!

ホームページ制作事業のバナー

第1章 私がブログ飯になるまで

第2章 ただのブログを飯が食えるブログにかえる

  • 最低30記事は書けるテーマを見つける
  • 何のために書くのか目的を決める
  • 日記は飯が食えるブログにはなり得ない
  • 好きなことはオタクっぽくてもかまわない
  • 家族や友人に説明するつもりで書く
  • 難しい言葉はやさしい言葉に置き換える
  • 小学校5~6年生の子供に読んでもらう
  • 最初の1ヶ月間はアクセスを見ない
  • 自分の成長曲線を認識する
  • 3ヶ月は歯を食いしばってでも続ける
  • 他人の気持ちになってみる
  • 自分の中の常識を疑ってみる
  • ブレインストーミングを使ってみる

第3章 継続して成果を出すブログの違い

  • ブログはあなた専用のメディア
  • SEOは気にしなくていい
  • テレビ、マンガ、ゲームをライバルと考える
  • 面白いに正解はない
  • 文章がダメなら写真や動画もアリ
  • 自ら体験することで根っこを鍛える
  • 枝葉を広げて好きなように書く
  • 居心地のいい場所に安住するな
  • 複数のカテゴリに属することが重要
  • 毎日を平凡に過ごしてはいけない
  • 時代を超えて使えるメソッドを探せ
  • ブログのセンスは努力で養える
  • 1記事1記事を全力投球
  • ブログを育て上げた経験こそキモ

第4章 個人でお金を稼ぐということ

  • 正社員は安泰な身分ではない
  • アフィリエイトから始めよう
  • 客は自分が納得したところで買う
  • 好きなことで飯を食う喜びを知ろう
  • 稼ぎたい気持ちが結果を生む
  • 時間を売って収益化する
  • 資産を売って収益化する
  • 知識や経験を収益化する
  • 言い続けなければ人は気づかない
  • あらゆる成功ノウハウには価値がある
  • 文章はリアルな友人を思い浮かべながら書こう
  • 節操なしは自分の首を絞めるだけ
  • 自腹を切るから価値のある文章になる
  • 元手がないなら作れ
  • 考えうる要素はすべて調べきる
  • 足で稼いだ情報だから価値がある
  • 商品の徹底リサーチが見込み客想定の鍵
  • 収益は全部投資に回そう
  • お金を使う経験を積もう
  • 人は知らないことにお金を使う
  • 与えることで与えられる
  • ひとつの収益の比重は20%以内に留める
  • 勉強会に行ってみよう
  • 怪しい勉強会を見抜くコツ

第5章 SNSことはじめ

  • Facebook わたしという人間を理解してもらうためのツール
  • Twitter 即時性が魅了のコミュニケーションツール
  • Google+ 最後発のメリットとデメリットを併せ持つ
  • はてなブックマーク お墨つきをもらってアクセス増大を狙え
  • 匿名性SNSはブランディング強化には向かない
  • どんな投稿が共感されやすいのか
  • Facebookを使うなら個人情報は徹底的にさらせ
  • 誰でも言える呟きに価値はない
  • 友人にいいねを強要してはいけない
  • 投稿内容が有益であれば勝手にいいね!はついてくる

第6章 突き抜ける技術

  • 結果が出ないブログは思い切って捨てる
  • ブログを捨てても経験やノウハウは減らない
  • ブログで飯を食うことは諦めるな
  • 失敗を恐れない
  • 達成可能な目標ばかりをたてるな
  • 失敗し続けることこそ実は難しい
  • 鯖落ちを防ぐ手段
  • アクセス数よりも成約率
  • 誰かの真似は劣化コピーと同じ
  • お金の発生する流れを理解しよう
  • 満足して初めて人はファンになる
  • 誰かの役に立つ、この思いが大きな結果につながる
  • あなたの売りは何ですか?
  • ただユニークなだけでは飯は食えない

特別コラム 鬼嫁は見た! 没個性サラリーマンの華麗なる転身の秘密

 

ブログ飯 [ 染谷昌利 ]

ブログ飯 [ 染谷昌利 ]
価格:1,728円(税込、送料込)