ついに配信された!任天堂スマホゲーム第1弾「スーパーマリオラン」

ついに今日(12/16)期待のスーパーマリオ ランが配信されました!

iPhone7発表時のイベントでサプライズで発表され、かなり期待されているタイトルですが…

プレイした結論から言うと、無料で遊べる分には、明らかにボリューム不足でスーパーマリオ ランの面白さがわかる前に飽きてしまいました^^;

スーパーマリオ ランがどうだったのか、レビューしたいと思います!今回は無料で遊べる範囲でのレビューです。

 

スーパマリオランは以下からダウンロードできます。

Super Mario Runを App Store で – iTunes – Apple

【PR】ホームページ制作をはじめました!

ホームページ制作事業のバナー

ゲーム内容は?

家庭用ゲームのマリオは十字キー、ダッシュ、ジャンプのボタンがありましたが、マリオランの場合はジャンプだけをタップして操作します。

 

マリオシリーズは意外と難易度が高く、緻密なジャンプテクニックが求められますが、マリオランはタップだけなので初心者にも取っ付き易くなりました。

 

基本的なゲーム内容は、またまた拐われたピーチ姫を助けるために、全6ワールド、24ステージをクリアしていきます。

そのうち1-3までは無料で遊ぶことができ、それ以降を遊ぶ場合は1200円の課金が必要です。

 

ワールドツアーの他にキノピオラリーというモードがあり、他のプレイヤーとカッコよさを競い合うモードがあります。

カッコよさを競うとは、今までのマリオシリーズにはなかったので新鮮ですね〜

 

スーパーマリオ ランの良い点

操作がシンプル

マリオシリーズはシリーズが進むごとに、ダッシュ、ジャンプ、空を飛ぶ、三段跳び、壁蹴りなど操作が複雑になっていきましたが、マリオランの場合はタップでジャンプだけなので操作がシンプルに、初心者が取っ付きやすくなりました。

 

高クオリティなグラフィック、サウンド

スマホではかなりグラフィック、サウンドはいいと思います。さすが任天堂の技術力の高さですね〜

 

キノピオラリーが面白い

キノピオラリーは他のプレイヤーと対戦できるので、かなりハマりますね!勝ち続けるとキノピオが増えて王国が発展していく要素もいいですね〜

ラリーチケットがないと遊べないのが難点ですが…

 

スーパーマリオ ランの悪い点

ボリューム不足

この欠点が一番大きいですね。これと比べると下の2つの悪い点は些細なことですね。

無料では1-3までしか遊べず、すぐに遊び終えてしまいます。ワールド1はチュートリアル的なステージなので、配信開始から20分ぐらいで遊び終えてしまう人も多いと思います。

 

覚えゲー的な要素

マリオランでは常にマリオは勝手に右側に進み続け、左側に戻ることができないのでキノコ、赤コインなどを初回プレイで取ることが難しく覚えゲー的要素が増え、同じステージを何度もプレイしないと赤コイン全回収は難しいです。

 

マンネリ化

マリオランだけではなく、最近のマリオシリーズ全般の傾向ですが、グラフィックなどが新鮮味があまりなく、使い回しのような感じがします。

ステージも地上面、洞窟面、空中面など初代スーパマリオからあるステージばかりが多く、マンネリしていますね。

 

まとめ

無料ではすぐに終わってしまうスーパーマリオ ラン。もう少し遊ばせてもいいと思いますけどね〜 配信初日で飽きてしまう人も多いと思いますね。

正直、期待していたほどではなく、ポケモンgoほどの人気は出ないと思います。

グラフィック、サウンドなどのクオリティは高く、キノピオラリーは結構面白いだけにに惜しい…

全8ワールド構成にして、2〜3ワールドまでは、無料で遊ばせてもいいと思いますね〜

課金して遊んでみると面白いのか?引き続き遊んでみたいと思います!

 

評価:☆☆☆★★(3/5)

 

スーパマリオランは以下からダウンロードできます。

Super Mario Runを App Store で – iTunes – Apple